公益財団法人 古紙再生促進センター Paper Recycling Promotion Center
  • 文字サイズ変更小
  • 中
  • 大
  • 関連リンク
  • サイトマップ

調査研究事業
   調査研究は、古紙回収率及び古紙利用率を向上するための重要な活動です。これまで実施した主な調査テーマとしては、オフィス発生古紙のリサイクル状況、古紙品質トラブルの実態、輸出入に付随する梱包材の流出入量の推計、製紙以外の古紙利用新規用途の状況、リサイクル対応型紙製商品の開発普及、古紙利用と環境影響、雑がみの回収と利用、国際古紙リサイクル状況に関する調査などがあります。
   予定している主な事業は下記のとおりです。

1.中国古紙市場基礎調査
   古紙は今や国際商品になり、輸出が国内需給に多大な影響を与えています。特に日本から輸出量の多い中国の古紙市場の実態把握を目的に、日中古紙関係者の交流事業を実施します。①意見交換およびセミナーの開催(於:中国)、②中国現地視察調査を行う。日中古紙関係者の対話を推進し、安定的な古紙取引の環境整備に向けて働き掛け、日本の古紙リサイクルシステムの安定化を図る一助とします。

2.地方自治体古紙関連施策等調査
   全国の自治体を対象に古紙関連施策についての実態調査を行い報告書にまとめ、自治体など関係機関に配布し、紙リサイクルの推進に役立てます。

3.リサイクル対応型紙製商品の開発促進
   関連団体の協力を得て、リサイクル対応型紙製商品の普及促進に向けたシステムの検討と冊子などの作成により普及活動を行います。

4.古紙ハンドブック2012の作成
   隔年で改訂版を作成している古紙ハンドブックについて、①紙リサイクルに関する事項や統計データ、②リサイクル関連法、③古紙利用新規用途実態調査結果、④アメリカ、欧州、中国、韓国、台湾等の古紙回収率、利用率、輸出入量等の国際紙リサイクル状況等の追加・更新を行います。


5.古紙消費計画調査等の実施
   ①四半期ごとに古紙主要3品目(新聞・雑誌・段ボール)の6ヵ月消費計画を調査します。
   ②国内における古紙の発生から消費までのそれぞれの段階における動向や、我が国からの古紙輸出、
      アジア諸国の古紙輸入等の動向の把握に努め、関係方面に情報提供します。
   ③消費原単位、製紙以外の低質古紙利用製品量について調査を行い、これらの結果を取りまとめ関係者に
      情報提供します。

6.外部委員会への参加
   外部委員会に継続して参加協力することにより、各委員会に当センターの考え方を反映させると共に情報入手を図る一助とします。




ページTOPへ戻るホームへ戻る
FLASH PLAYER
ADOBE READER
本サイトをご覧いただくためには各コンテンツに応じて「Adobe Flash Player」プラグイン(無料)、
ならびに「Adobe Reader」プラグイン(無料)が必要です。
プラグインのダウンロード方法や詳細に関しましてはAdobe社のウェブサイトをご覧ください。
古紙再生促進センター|〒104-0042 東京都中央区入船3丁目10番9号 新富町ビル
Copyright (C) Paper Recycling Promotion Center, All Rights Reserved.