私たちが、日常で接する機会がもっとも多い素材が、紙ではないでしょうか。読む、伝える、包む、運ぶ。さまざまな面から暮らしを支えている紙。こんなにも身近な紙は、さまざまな用途に再生されている、リサイクルの優等生です。環境問題が世界的な課題となっている今、誰でも今すぐできること、それが紙リサイクル。一人ひとりが踏み出した一歩が、すべての限りある資源を大切に使う気持ちへ、そして自然と共存する社会へとつながっていくにちがいありません。
しかし、いざリサイクルを始めようと思うと、意外とわからないことは多いもの。たとえば、せっかく回収された紙も、同じ種類でまとめられていなければ、うまく再生されないことをご存じでしょうか?きちんと分別されていれば、紙はもちろん、紙以外のさまざまな製品にも生まれ変わる貴重な資源となります。「捨てればごみ、分ければ資源」。紙リサイクルの基本やノウハウをまとめたこの冊子が、一人ひとりの行動に少しでもお役に立てば幸いです。